読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週の小橋さん(仮)

仕事で体験した面白いことやダイエット、日常、趣味の話をしたいです。

先輩にぼったくり呼ばわり。

 皆さんは、ぼったくりと言われたことありますか?

 私は、37年間生きてきて今日、初めて言われました。とても残念な気持ちでいっぱいです。(イロイロな意味で)

 

 事の始まりは、仕事を終え休憩室で帰る支度をしていた時の話です。

 先輩の〇〇さん・・・Aさんとしましょう。

 そのAさんは最近出る新しいゲーム機の本体が欲しいらしいのです。

 しかし、どんなに頑張っても手に入らない。(予約の抽選で落ちたりして)

 そこで、Aさんは私に言ってきました。

 「どうしても欲しいから小橋も、家電量販店のサイトに登録して予約してよ。」と。(今は、予約すらなかなか、できない状態らしいです)

 

 私ね、ネット予約とかネットで買い物とか本当に苦手なんですよ。普段からネットで買い物や予約をしていたら簡単なんでしょうけど、やらない私からしたらめんどくさいとしか言いようがない。

 はい。私、相手を傷つけないようにお断りしました。

 

 でもね、こういう人って大抵が食い下がる。断っているのに食い下がる。他人の私に予約させようとするくらいですしね。バカなのか?

 

 あまりにも、しつこいので諦めて言ってやりました。

 「予約してもいいですけど、成功報酬3000円、ダメでも1500円は、ください」と。

 まあ、それくらいなら予約してもいいと言う最低額ですよ。

  •  何だかんだ予約に時間を取られる。
  •  メールを受け取れるように設定をしなくてはならない。
  •  何よりもめんどくさい。

 それを踏まえての金額です。

 

 Aさんは、ムッとした顔でこう言いました。

 

 「小橋、ぼった!ぼった!!」

 (ぼった=ぼったくりの略)

 「小橋って、そういう奴だったんだ!!」

 

 

 

 

 まさか、そんなことを言われるとは(笑)

 ここで、いくつか言わせていただきたい。

  • 口頭で述べているからぼったくりにならないという事。
  • 喉から手が出るくらい欲しいのに、成功報酬3000円は安いはず。
  • 私にタダ働きさせようと!?

 

 お金って、ありがとうを形にしたものじゃないですか。

 大体、1ありがとう=1円くらい。

 そんな手に入らないものなら、3000ありがとうは言えるはずじゃないの!むしろ、予約ができたら5000ありがとうじゃないのか!!

 そもそも、手に入らないものをタダで手に入れようという魂胆が、きたねえよ!

 私より一つ年上の、いい大人が、3000円くらいで人をぼったくり扱いとはいかがなものか!!

 

 (´ε`;)ウーン…とても、残念なAさんです。

 

俺は、ぼったくりじゃねえよー!なめんな!!あほー!!!