読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週の小橋さん(仮)

仕事で体験した面白いことやダイエット、日常、趣味の話をしたいです。

スクスト 協力戦の中にある闇


TVアニメ『スクールガールストライカーズ Animation Channel』 PV2【スクスト】

  

 

 アニメが始まりますます盛り上がりを見せているスクスト。

 私も観ましたが、すごくいい、すごく良いのですが(´ε`;)ウーン…ゲームの良さが全然、出ていないぜ!!初めて観る人にとっては、面白いの!?って内容だぜ!!

 

 大丈夫か!?スクスト!!

 

 今回、アニメではなくゲームの話です。

 

 

 

 スクスト、一大イベントの協力戦!

 今回、イベント用にかなり強くした私。

f:id:ohasikakaka:20170126184939p:plain

 スクストを知らない人は、わからないと思いますが、強いです。はっきり言って強いです。

 今回、協力戦を頑張るためにゲームにちょっとしか、ログインしないフレンド(協力戦で一緒に戦う仲間のことです)を切りました。(ごめんよフレンド達)

 そして、新たに強い人たちを募集、フレンド申請をしました。

 

 とは言え、仕事をしながらイベントをするとどうしてもぶつかる壁!

 時間が足りない!

 そうなると、やっぱり順位が下がる。⇒フレンド申請をした強いフレンドからクレーム!「超級、回しているのなら役に立たないので・・・・。」

 

 そして、なぜか謝る私「弩級、回しているのですが、忙しくて・・・スイマセン。頑張ります」

 (初級、中級、上級、超級、弩級と戦うステージのランクがあります。高い方が、ポイントが多く貰えます。)

 

 

 

 楽しく遊ぶために始めたゲーム。なのに、いつの間にか実社会と同じように謝る私。ゲームの中でも格差はあるようです。

 

 人間って、怖いよー!!!