読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週の小橋さん(仮)

仕事で体験した面白いことやダイエット、日常、趣味の話をしたいです。

最強のお客さん

   今日はバレンタインデー!!

 うん。これと言って何かあるわけでもなく、普通の一日でした。

 

たまには事務の若い子から、「小橋さんちょっとちょっと」と言って手招きで私を呼んで「小橋さん 作ってきました。どうぞ♡」ってことは、ないものだろうか!?

 

 

 はい。絶対ありません。

 

 

 

 

 現実は、休憩室に「バレンタインデーなので一人一袋ずつ持って行ってください。女性社員一同」というメモ書き。そして、お菓子の詰め合わせの袋。

 

 ・・・・・・・・何?・・・・なんなんだ!この圧倒的敗北感!

 

 この会社に、このイベントは必要あるのか?

 

 ハイ!先生。必要ないと思います。

 

 

 

 

 話は変わりますが、お客さんって色々な人がいます。

 すごく感謝してくれるお客さん、嫌なお客さん、お小遣いをくれるお客さん、賞味期限切れの缶コーヒーをくれるお客さん、どんな人が好まれると思いますか?

 

 それは、感謝してくれるお客さんやお小遣いをくれるお客さんです。

 大体の人は、そうだと思います。

 

 じゃあ、好まれないお客さんってどんな人だと思います。

 私は、作業後にコーヒーを出してくれるお客さんです。

 紙コップやキレイな器なら問題ないのですが、たまにいるんですよね。

 

  

 黄ばんだ年季の入ったマグカップにコーヒーを入れてくれるお客さん。

 

 普通に考えて、もうそれ使っちゃダメだろ!人に汚いマグカップのコーヒーを出しちゃダメじゃないか!なんで、そのマグカップで飲ませてやろうと思うんだよ!!

 

 そんな人に限って、コーヒーを私に出して満足気!!

 そんなお客さんの姿を見ながらコーヒーを飲む私。(これが進まないこと進まないこと。嫌で嫌で、呑み込めないんです。)

 

 もう結構な大人なんだから相手の気持ちになってコーヒーを出してくれよ。

 

   これが漫画なら絶対に良い事がおこるんですよね。

   お客さんは、どこかの大会社の会長とかで、普段は汚い身なり。

   汚い器でコーヒーを出し、嫌な顔せずに飲んだ人に言うんです。「顔色変えずに飲んだ者は、久しぶりじゃあ。気に入った!ワシの会社の全従業員に伝えておく。お前の所で契約を取るようにと。」・・・・まず、ないですけど。

 

 

 

    毎回毎回、汚れた器のコーヒーを飲む事がつらいので、今回考えました。

 

 忙しいを理由に断るってことをね。

 さすがは私。自分が天才なんじゃないかと思いましたよ。

 

   作業を終え、コーヒーを作って待っているお客さんに言いました。

   「すみません。今日は本当に忙しくて・・・また、次回飲ませていただきます」

 見事に作戦は成功!!!!(お客さん、ごめんなさい。本当にキツイんです)

 これに味をしめた私は思いました。これからは2回に一回は使おう。

 

 夕方、会社に戻ると・・・・事務の人から言われました。小橋君、〇〇さんからクレームが来たよ。

 

 

 

 クレーム内容は・・・・「雑だった。」

 

 

 

 いつも通り作業をしたつもりなんですがねえ。

   コーヒーを飲むまでが作業のようです。

 

 

 今回も読んでいただきありがとうございました。